« 冬バス | トップページ | アイスジグ »

野池は皿池

野池で冬バス釣果を決めるのはボトムの形状を知っているかです。

沼の様に自然に出来た池は別ですが、野池の多くは人工的に作られた

ものが多いようです。その為にボトムはストラクチャーもない、言わば

皿池です。その為、バスの着き場所も無いため、冬バスの多くは池の

中心部の最深部にじっとしている様です。

セオリーでは、ルアーが届く場合、そのポイントにラバジやダウンショットで

ピンポイントシェイクが効果的とされています。

当然、冬でもバスは捕食している為、少しでも活性が上がればメタル系の

バイブレーションの出番になります。ボトムがトレースできるスピナベ

でも良いのですが、冬バスは縦のジャークに反応が良い為、メタルバイブ

レーションの遠投による、縦方向のジャーキングをお勧めします。

さて、

ボトム形状ですが、何の変化もない様でもゴロタの一個でも有ればバスの

付き場所になります。その為、ボトムの変化が分かれば効率的にピンポイントで

狙う事が出来ます。

その為に、水抜きした野池は絶好の発見機会ですが、バスの個体数は

激減していますので、その場合は長期的視野で…。

暖かい日が続くと冬でも回遊していることが有り、岸際も要チェックです。

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▼▽▼▽▼

【福岡バス釣りポイント】駕与丁池&赤石池(福岡県糟谷郡)

駕与丁池は超有名ポイントですが、お勧めは赤石池。

赤石池は駕与丁池と細い水路で繋がっており、ランガンですぐにチェックが

可能です。

釣果はかなりムラが有り、当たれば足元でも40アップが連発しますが、

鮒師の方が沢山いらしゃるのでトラブル注意です!!

護岸サイドに沿って回って行くと釣果が上がって行きます。

水質はかなりマッディなので、フラッシュ系でリアクションバイト狙いが

ソフトルアーはブラック系が良いようです。

冬の時期は、ヘビキャロ遠投のズル引きで良いサイズがヒットしてきます。

試してみては…。

より大きな地図で POINT MAP を表示

人気ブログランキングへ ←バス釣り部門で25位内に入りました。押して行ってね!!

|

« 冬バス | トップページ | アイスジグ »

バス・ポイント解説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547034/47019607

この記事へのトラックバック一覧です: 野池は皿池:

« 冬バス | トップページ | アイスジグ »